出会い パート2

みなさん、お久しぶりです。

またまた長い間、空いてしまいました。

すいません。

 

そして、とうとう

完全帰国しました!!!!

日本食最高!

お風呂気持ちい!!!

 

留学については、また次回

まとめていきたいと思います。

 

今回は、前回のスターバックスでの出会いの続きを

シェアしていきます。

 

前回、どのようにその人と出会ったか、をお話しました。

 

ある土曜日の午後、勉強に疲れていた私達は

たわいもない話で盛り上がっていました。

 

お互いの国の恋愛感の違いとか、

語学学習についてとか、

スターバックスのメニューの違いとか、、、(笑)

 

それから、お互いのどんなことを勉強しているのか、

どんなことに興味があるのか、

 

とても楽しい時間でした。

 

私が人類学を勉強していることや、

フィールドワークの経験から、

ボランティアについて話し合いました。

 

彼も私と同じような分野に興味があり、

フィールドワークを色々な国で行っていたのです。

 

この日が、3月11日だったことも

今考えると何か意味のあることだったのかな、と思います。

 

私はインド、フィリピンでのボランティア経験と

中学校1年生から毎年続けているボランティア団体「地球家族の会」の運営経験から、

ボランティアをするという事に対し

多くの期待と不安を抱き、

そして考えても考えても答えの見つからないたくさんの課題を抱えていました。

 

例えば、

5年前の3月11日

日本中が悲しみと不安に包まれました。

あの時の衝撃は、忘れられないし、

忘れてはいけないと思っています。

そして、今でも多くの方が苦労をされている、という事を

胸に留めておかなければなりません。

 

日本でたくさんの人々が助けを求めている中、

海外でボランティアをするという選択。

物資が、同じように足りていない東北ではなく、

アフガニスタン(地球家族の会の活動)に送るという選択。

 

当時多くの議論が繰り広げられ、

5年経った今でもその選択が最善だったのか、

何をするべきだったのか、考え続けています。

 

スターバックスで出会った彼は、

Balance is always important.

と言っていました。

 

相手国の情勢によってボランティアの形は様々で

善意で行ったことが、実は悪い状況を作り出すキッカケになりうること、

ボランティアといってもどんな時も、お金が必要であることなど

他にも様々な問題があります。

 

 

スターバックスで彼と出会った時

私は地球家族の会に必要な資金調達について悩んでいました。

事情により、今年度の活動の資金を例年とは違った形で

集めなければならなかったのです。

 

これらのことをふまえ、彼と何時間も話し合いました。

そして、帰り際に彼は

1万円札を私に差し出したのです。

(彼は色々な国を旅していたため、お財布にはあらゆる国のお札が入っていました)

 

 もうびっくりです。

私はお金が欲しくて彼に話したわけではありませんでした。

そしてもちろん、それは彼もわかっていました。

私は戸惑い、受け取れないと断りました。

 

それでも彼は、

君と話をした時間はとても楽しかったし、色々考えなおすきっかけになった。

実は僕も色々な団体に寄付しているし、ぜひ少しだけどこのお金を君のボランティアに使ってほしい。君なら絶対に、有意義に使ってくれると信じているよ。

と、言ってくれました。

 

私は、その1万円札を受け取り

名前と連絡先を聞き、今年度のボランティア活動を報告すると約束しました。

 

とても素敵な体験でした。

それはお金をもらったからではなく、

海外で私がずっと悩んできたことを共有することができ、

名前も何も知らない私を信じて、

寄付しようと決めてくれた彼の温かい心に触れることが出来たからです。

 

世の中にはこんな人もいるのか、と思いました。

将来はこんな人になりたい、という目標とする人が増えました。

 

そして、生まれた国や言語が違っても

理解し合い、励まし合うことができるんだな、と実感した一日でした。

 

この体験は私にとって忘れられないものです。

彼からもらった、この温かい気持ちをいつまでも忘れずに持ち続けたいと思います。

 

長くなりました。

今日はこのへんで。

 

地球家族の会…日本で使い終わったランドセルをアフガニスタンの子供達に送るというジョイセフの「想い出のランドセルギフト」という活動に賛同し、協力している子供の会。(またブログで紹介します)

 

Ayaon

 

 

 

 

 

出会い パート1

みなさんこんにちは、Ayaonです。

お久しぶりです…留学生活もラストスパートにかかり、

なにかと忙しい毎日を過ごしています。

 

先日私は、とても素敵な出会いをしました。

今回は2部作にして、出会いのきっかけ、そしてその出会いの話をしたいと思います。

 

出会いのきっかけは、週末のスターバックスでした。

私は、予定がない限り毎週スターバックスに行って、勉強したり本を読んだりしています。みんなには、

げ…毎週?

とよく言われますが、なかなかいいものですよ!(笑)

 

平日に追い込みをかけた身体と精神を癒すには、

もってこいの場所だと思います。

そして、なによりたくさんの出会いがあります。

私の住んでいる町はとても小さな町なので

毎週通っていれば、多くの人と顔見知りになります。

 

スターバックスには、色々な人が色々な事をしています。

そして、よく話かけてくれます。とてもフレンドリーです。

(日本じゃあまりないことだけど)

 

たくさんの人生の先輩達と、様々なトピックで

会話をすることができます。名前も何もしらない、

そしてもう一生会うことはないかもしれない、まさに一期一会です。

だからこそ、たった少しだとしても

話をしたその時間はとても素敵なもので、それは私にとって大きな刺激となっています。

 

この経験は、とても良い英会話の練習になります。(笑)

しかし、それよりも私が強く感じ、学んだことは

 自分を磨く大切さでした。

 

何事にも興味を持ち、

幅広い知識を身に着け、そして、一番大切なのは

自分の意見を持つ、ということです。

 

自分の専門の分野とは、かけ離れていたとしても

興味を持って話をきく。

さらに幅広い知識があれば、どんな内容の会話だって

何倍も盛り上がって、話し合うことができます。

そして、聞いて理解するだけではなく、

自分の意見をしっかり持って口に出すことで、

相手も真剣にきいて答えてくれます。

 

と、まあこんな感じでかっこよく言いましたが、

固いトピックで話をしたのは半分ぐらい。(笑)

 

もう半分は、

各国の恋愛文化の違いとか、

食べ物のちがいとか、

時には、ファッションの違いとか。

本当におもしろい!

 

こんな感じで、ほぼ毎週スターバックス

コーヒーを飲みながら、過ごすのが私のカナダでの日課です。

 

そんな普段とかわらないある土曜日の午後、

私はある男性と出会いました。

 

彼は30歳ぐらいで、私の前に座って心理学を勉強していました。

そして、あることをきっかけに話かけ、

すぐに意気投合して、随分と長い間話込みました。

 

さあ、どんな話をして

なにが起きたのか、

それは次回またゆっくりと書いていこうと思います。

 

それでは!

 

Ayaon

インドでの大敵!!

みなさんこんにちは。

Ayaonです!

 

今回は

私にとってのインドでの大敵を紹介したいと思います。

 

インドでの大敵、それは

蚊!!!!

 

インドにいた蚊は

ほんとにほんとに強いです。

もちろんインドといっても地域によって様々ですが

今回はタミルナードゥ州のチェンナイを例に取り上げたいと思います。

 

まず、南インドは北インドに比べて暖かいので、

蚊がいます。大きいです。

刺されます。とっても痒いです!!

初めてインドに行ったときは、蚊避けのために長袖で!!

と、言われました。

 

そして、通常は家に冷房はないので

扇風機、または窓を開けます。

蚊が入ります!(笑)

 

なので、ベッドには蚊避けネットが当たり前です。

これが、私の寝ていた場所。

f:id:Ayaon:20170226065841j:plain

 

また、電気で蚊を殺すラケットをしっていますか?

 

f:id:Ayaon:20170226065916j:plain

 

スイッチをいれて振って

蚊に当たるとバチっといって蚊を倒せます。

 

家やバスの中でこのラケットを振ると

バチバチバチ!!!

とものすごい音がなります。

それだけ蚊が多いのです…

 

ゴキブリより蚊が嫌いな私は

蚊がインドへ行く時の最大の悩みでした。

 

では、今回はこの辺で

 

Ayaon

地面に描かれる謎の模様、コーラム

みなさん、こんにちは

Ayaonです!

 

今回は、コーラムについて

紹介したいと思います!

 

南インドを歩いていると、建物の前でとてもきれいな模様を

よく見ることが出来ます。

それがコーラムです。

 

f:id:Ayaon:20170226063616j:plain

f:id:Ayaon:20170226063637j:plain

f:id:Ayaon:20170226063654j:plain

 

 

これは私がインドで実際に撮影したものです。

様々な模様を見つけることが出来ます。

本当に綺麗なんです!

 

これは、南インドで昔から行われている伝統的なもので、

毎朝、女性が家の前に模様を描きます。

模様は様々で、家庭で代々受け継がれているものだそうです。

 

魔除け、そして家庭に幸福が訪れることを願いながら

行います。

 

ネットでコーラムと検索すると

ヒンドゥー教の宗教的なもの、とかなりたくさんの記事が

ヒットします。

ただ、チェンナイに住んでいるインド人の友達に確認したところ

最近ではコラムは、ヒンドゥ―教の女性だけではなく、

一般の女性も描くそうです。

そして、カラフルなコラムはお祭りや特別な行事の時だけです。

普段は白のみだそうです。

 

 

こんない綺麗なものを見たら、

崩さないように、

踏まないように、

と、思ってしまいますが

 

人々が踏んで消える、というのは

とても縁起がいいそうです。

といっても、私はやっぱり踏むのは避けたい~と

思っていました(笑)

そして、この完璧なまでのコーラム。

実はとっても難しいんです。

ある大学で実際に体験してみたところ、、、

 

f:id:Ayaon:20170226063826j:plain

 

 

全然だめでした(笑)

まず、模様以前になめらかな線を描くことが出来ませんでした。

 

 

そして、

朝早く外を歩いても、必ずコーラムはすでに

描かれています。

インドの女性は、早起きです。

見習わないと…

 

では、今回はこのへんで

 

Ayaon

22歳になりました!

みなさん、こんにちは

Ayaonです!

 

先日2月20日は

私の22歳の誕生日でした!

 

たくさんのおめでとう、

本当にありがとうございます!

 

時差の関係で、いろんな国からのおめでとうは

2日ほど続き、お誕生日気分を長く味わえて

とてもラッキーでした(笑)

 

誕生日って、本当に感慨深いものですね。

幼いころは、ただただお誕生日プレゼント!!!

という印象しかありませんでした。

 

しかし、最近は

もちろんとても嬉しいのだけれども、

それと同時に、1年ちゃんと成長できただろうか、

これからの1年はどうなるのだろうか、

という不安も次第に抱くようになりました。

 

もう22歳!?という感じです。先輩達からすれば、

まだ22歳でしょ、と思うと思いますが…(笑)

 

高校生の時に思い描いていた、今のこの歳の自分は

もっと輝いていて、成長していると思っていた!!

というのは、かなりみなさんの思うのではないでしょうか?

 

もちろん歳を重ねれば重ねるほど、

自分で考えて、行動することも増えて、可能性がものすごく広がります。

物事もより深く、そして様々な側面から見つめることが出来ます。

 

だからこそ広がる不安。

人生って本当に難しいな~と、

大学卒業がみえてきた私は日々悩んでいます(笑)

 

でも、やっぱり誕生日は嬉しいものです!

たった一言のおめでとうで

幸せになれます!

 

日頃会えない人からのおめでとうのメッセージも

とても嬉しいものです。

その人との思い出を思い出すキッカケにもなるし、

見ていてくれる人がいるんだな~というちょっとした自信にも

つながります。

 

3年前の誕生日は、

南インドの小さな村にいました。

滞在し始めて1週間もたっていないのに、村全体で盛大にお祝いしてくれました。

1日で色々な場所でケーキが出てきて、本当にうれしかったのを覚えています。

 

誕生日のお祝いの仕方も、国によって様々で

その時の動画をつかって紹介したい…!!

けど、色々な人が写りすぎて載せられないので

見たい人は個別で(ぜひ見てほしい(笑)

 

2年前はフィリピンにいました。

午前中は、孤児院にボランティアをしに行きました。

そして、この時も出会ってまだ間もない友達がケーキとプレゼントを用意してくれました。

プレゼントとして、サボテンをくれた友達がいて、世の中色々な人がいるな~と思ったのも、いい思い出です(笑)

 

そして今年は、カナダで誕生日を迎えました。

友達が誕生日会を開いてくれました。

みんなでご飯を作って(私はつまみ食い係り)

写真をとって、

ケーキとプレゼントをもらいました。

みんな忙しいはずなのに準備してくれた

そんなささいなプレゼントが本当にうれしかったです。

 

ホストファミリーやルームメートからも

お祝いをしてもらいました!!嬉しかった!!

 

この3度の誕生日、日本を離れて

家族とはなれて少しだけ寂しい思いもあったけど

だからこそ、とても大切なこと、忘れてはいけないことに

気づけたと思います。

 

やっぱり、友情、人を大切に思う気持ちは

時間でもないし、お金でもないな、と心から思います。

 

 

一生懸命かいてくれた絵、つたない日本語で頑張って書いてくれた手紙、

私のことを考えて選んでくれた本や小物。

そして、どんな長い間会っていなくても、

どんなに遠く離れていても忘れずに伝えてくれる

おめでとう、は本当に本当にうれしいものです。

 

そして、1年に1度の特別な日。

やっぱり家族に会いたいな、と思います。

大好きな友達や、例えば特別な人がいたとしても、

誕生日は家族に会いたい、と思いました。

 

これがこの3年間、日本をはなれて過ごした誕生日の感想です(笑)

 

 

そして最近、留学についての相談をよく受けるように

なりました。相談を受けている間に、自分も自分の考えがまとまっていく感じがして

とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 

部活と学連(学生テニス連盟)の両立、そして約1年の留学を経て思うのは

 

タイムマネジメント

 

が本当に大事だな~と感じます。

1日24時間はどう頑張っても変わらないもので

それなのに、やるべきこと、やりたいことがたくさんあって…

私はすぐに、いっっぱいいっぱいになって

泣いたり、不機嫌になったりしてしまいます(今はだいぶ成長しました(笑))

 

そうならないためにも、

きちんと自分の目標、ゴールをきめて

常に自分の中でゆるがない優先順位をもつことを大切にしています。

 

そうすることで、いちいちどうしよう、なにしよう、

と、悩むことも少なくなるし

自分のだした決断に自信をもつことができます。

 

みなさんの大切なことはなんですか?

 

今回は長くなってしまいました。

それでは!

 

Ayaon

インドのカレーは本当においしいの?

こんにちは、Ayaonです。

 

前回の投稿からとんでもなく間が空いてしまいました。

2週間のテスト地獄の中で、留学生活でも1,2を争うほどの体調不良に

苦しんでおりました。

また、体調不良の時に限って大雪、という災難に見舞われ

ただでさえ悲鳴を上げている体に、さらにムチを打ちながら雪道を登校しました。

辛かった~。

 

さて、今回はあまり時間がないので

簡単なテーマで行きたいと思います。

 

よくインドに行ってきたよ、と友達に報告すると

カレーおいしかった?

手でカレー食べたの?

 

と聞かれます。

今回は、こんなシンプルだけど

みんながちょっと気になっている質問をシェアしたいと思います!

 

  • カレーはおいしいのか。

 

一言で言います。

めっちゃおいしかったです!!!!

2度の渡印で2か月ほど滞在しましたが

その間に、ものすごくたくさんの種類のカレーを食べました。

カレーのルーの色も味も様々で、具材も本当に色々なものを使っています。

 

日本でカレーというと、カレーがひとつ大皿で出てきますね。

なので、今日のご飯はなに?の質問は

「カレー」

となります。

 

一方インドでは、ほぼ毎食カレーが出ます。

ただし、日本のように大皿で一つカレーが主食として

出てくるのではなく、おかず中の一品のような感覚で出てきます。

なので、今日のご飯はなに?の返事は

「カレー」

には、なりません(笑)

 

私はインドからカレーの粉を持ち帰り

友達にごちそうしましたが、

とんでもなくまずかったです。

 

やっぱり、現地でカレー作りのプロである

インドのママさんじゃないと、おいしくはなかなか作れないみたいです(;´・ω・)

 

 

  • 本当に手で食べるのか?

 

はい、本当ですよ~

ほとんどの人は知っていると思いますが、

インドにおいて左手は不浄とされているので、右手を使って食べます。

食事の時に、左手を机の上にのせるのさえも、あまり良しとはされていなかったと思います。

(なぜ、左手はだめなのか詳しく知りたい人は、調べてみてください。かなり深く、かつ興味深いのでぜひ。)

 

最初は抵抗がありましたが、1日もすれば

すぐになれます!というか、1週間もすれば、

お箸やスプーンを普段使っていたなんて

段々信じられなくなってきます(これ本当!(笑))

 

徐々に手だけで、ものすごーく綺麗に食べきることもできるようになります!

そして、手で食べたほうがおいしいかも~とか

おかしなことまで叫び始めますよ(笑)

 

 

みなさん、いかがでしたか?

全部知っていましたか?

 

それでは今回はこのへんで。

 

インド料理がたべたいなーと

日々思いを募らせている

Ayaonでした。

インドの主食は???

みなさん、こんにちは

Ayaonです。

 

前回は、ちょっと微妙な

インドの機内食についてシェアしました。

 

今回からは

基本的なインド料理について

紹介していきたいと思います。

 

まず、インド料理といえば

なにが思いつきますか?

 

カレーーー!!!

ナンーーーー!!!

 

でしょうか。

まあ、カレーは間違いないです。

ただ、カレーといっても

みなさんが想像する、日本で食べるようなカレーとは

かなりイメージが違います。

 

その話は、また次回するとして、

今回お話したいのは、

ナンについてです!!

 

実はナン

言うほど食べられていないんです!インドでは!

 

まず、私が最初に滞在していたのは

チェンナイというタミル・ナードゥ州です。

簡単にいうと、南インドです。

 

そこで私は、一度もナンを食べていません。

というか、見てません。

 

その代わりに、カレーと一緒によく食べるのが

チャパティ、と呼ばれるパンのようなクレープのような。

それがこちら。

f:id:Ayaon:20170130083456j:plain

 

なんかちょっと寂しいので、こっちも。

あの炊飯器のようなものの中に

たくさん入っているのがチャパティです

 

f:id:Ayaon:20170130083555j:plain

 

もともと、ナンは北インドで食べられていた高級料理です。

なにかのお祝い事や、イベントの際に食べていたそうです。

ナンは大きな釜戸で焼かれます。

そんな釜戸を持つこと、

なかなか難しいですよね。

 

もちろん、レストランにいけば

立派なナンが食べられますよ~!

チーズやガーリック…いくらでも食べられます!!!

それがこちら(北インド)。

f:id:Ayaon:20170130084004j:plain

 

それに比べて

南インドでは、基本的にナンを食べません。

チャパティです。

大きな釜戸を使うナンとは違い

チャパティは簡単にフライパンで

ひょひょっいっと作れます。

カレーにもよく合います。

 

結論、

ナンは北インド発祥で、今でも南インドではそれほど食べられてはいない。

北インドでも、普段から食べられるようなものではなかった。

が、今では食べようと思えばいつでも食べられる。

 

代わりにインド人がよく食べるのは

ナンではなく、チャパティ

理由は色々挙げられているが、

私がインド人に聞いたのは、簡単だから。

 

です。

みなさん知っていましたか?

 

チャパティは、本当においしくて

何枚でも食べられます!(^^)!

 

次回は、

インド料理の基本的な事をもう少し

お話したいと思います!

 

では。

 

Ayaon