オーストラリアはNGで、インドはOK?!(English follows)

 

みなさんこんにちは、Ayaonです。

 

ブログを始めてから数日も経っていませんが、

多くの人が応援してくれているみたいで、、、

嬉しい限りです。ありがとうございます。

 

さてさて、今回はこのブログ書くキッカケでもある ”旅” が

どうして始まったのか、

なぜ海外に興味を持ったのか

なぜポンポンと飛行機に乗るようになってしまったのか、

 

全ての始まりをお伝えしたいと思います。

 

始まりは

誰が何と言おうと ”インド” です。

 

さすが私。

と、今でも当時の自分に拍手を贈りたいです(笑)

 

 

事の始まりは、2年前の夏休み。

私の通っている大学が、語学が強いということもあり(私は全く関係ない学部…)

私の周りにいる多くが、交換留学や、

夏休み春休みを利用した短期留学を考えていました。

 

FacebookやInstgramを開けば、それは

楽しそうな写真や動画がたくさん!!

 

私の中高時代を知っている方がいれば

わかると思いますが

英語は一番嫌いな科目。

 

”なんで日本人ばっかり英語強制されるんだーーーー!!”

”みんなが日本語勉強しろよ!!”

 

と、本気で思っていたので(笑)

 

交換留学など考えるわけもなく、

それでも友達の写真をみて、そんな楽しいなら…

と思い、短期留学を考えました。

 

海外に興味もなく、

調べようともしなかった私は、

適当に海がきれいで暖かそうなオーストラリアを留学先に考えました。

 

さあ、親を説得しよう!

と、中身が空っぽなプレゼンテーションを作りました。

 

ここで少し、私の家のユニークかつ素晴らしい

ルールを紹介します。

 

私の家では、なにか新しいことを始めたいとき

そして、そのために親に金銭的な援助をお願いするときは、

プレゼンテーションを準備し、両親、特に父を説得しなければなりません。

 

当時の私にとっては

重荷でしかありませんでした。

 

なぜそれを始めたいのか

なぜ今なのか

なぜそこなのか

なぜ援助するべきなのか(父目線)

成し遂げた時、それは今後にどうつながるのか

 

などなど…

とにかく全てを明確にし、納得させなければなりませんでした。

(もちろん最終的には、ほぼ全ての要望を受け入れてくれたお父さん。ありがとう)

 

はい、話を戻すと、

私には目的が何もなかったので、

 

理由? そんなの

遊びたいからだよーーーー!!

行きたいからだーーーー!!

 

これくらいでした。

 

そして、父に話をしたところ

衝撃的なことを言われました。

父はもう覚えていないかもしれませんが、

その言葉がその後の私の人生を大きく変えてくれました。

 

 

「そんな誰もが、いつでもいけるような所はだめだ」

 

と。

(オーストラリアにいる人、行こうとしている人ごめんなさい!

 状況が状況だったので…今ではオーストラリアは行きたい国の一つです!) 

 

目的は何もなく、下調べもしていなかった私が

完全に悪いのですが、お年頃だったので

カチ―――ン

 

ときました。

周りはポンポン飛んでいるのに!

いやむしろ、なにそのダメな理由!

 

ということで、超絶負けず嫌いな私は

父がOKと言わざるを得ない場所を探し始めました。

 

私の大学が国際色豊かだったこともあり

海外へ行こう!

という張り紙はたくさんありました。

 

アメリカ、ニュージーランド、ドイツ、イタリア

などなど

 

しかし、どれも私の父にしたら、

誰もがいつでも行ける場所…らしい(笑)

 

そんな時、掲示板の隅にあった張り紙。

 

”インドへ行きませんか?”

 

これだ!!!!

 

私は、かなりの運と直感も持ち合わせていると

思い込んでいるので

これを見つけた瞬間、すべてがうまくいくと確信しました。

 

この張り紙について友達に聞いても、

だれも何も知らない

むしろ、募集している教授のことも知らない

 

そんな状況でも私は、

すでに絶対行くんだ、と思い込み想像を膨らませ

記載されていたアドレスにメールを送ったのを

今でも覚えています。

 

もちろん、父に話すと

プレゼンテーションも細かい説明なくして

GOサイン。

 

 

これが、今の私の原点です。

その後も色々な縁に恵まれて、このインドだけではとどまらず

たくさんの経験をすることになりました。

 

当時、父が伝えたかった(と、思われる)

 

”学生である、今しかできないことに挑戦しろ”

 

を常に念頭に置いて行動しています。

 

学生は、人生の夏休みとよく言われますが、

その夏休み、遊ぶだけではなく(もちろん遊ぶのもとても大切だとおもいますが)、

 

こんな面白いこと、したことあるよ! 

こんなすごいもの見たよ! と、

 

だれと話すときにも、話題のネタになるような、

社会に出てからするにはちょっと難しい

面白いことに挑戦してみたら、もっともっと思い出に残る夏休みになると思います!

 

長くなりましたが、これがみなさんに共有したかった

ちょっとおかしな旅のはじまりです。

 

最後までありがとうございます。

 

 

Hello, I’m Ayaon!

 

Even though it has only been a few days since I started writing my blog,

I can already feel all the encouragement from everybody!

I really appreciate it.

 

I’m going to write about the journey that motivated me to start writing this blog, why I was getting interested in going abroad and why it became easy for me to take an airplane.

 

I want to tell you about the beginning of my journey, where everything started.

 

The most important thing that started my journey was definitely going to India.

I want to say “Thank you” to who I used to be when I decided to go to IndiaJ

 

It was during my summer vacation 2 years ago.

Many friends around me were interested in learning English or other languages and were thinking about going abroad to study.

 

I think the reason why many of my friends were thinking about studying abroad was because my university is committed to letting students study languages, and there are so many international students and professors at my university.

 

When I see my Facebook or Instagram,

I see a lot pictures and movies that look very nice.

 

If you knew my high school life, you would understand that the most stressful subject for me was English.

 

I was thinking like

 

“Why do I have to study English even though I don’t want to leave Japan!!”

“Everyone has to study Japanese!!”

 

Seriously.

 

I have never thought about going abroad to study for a long time or searched information about it.

But I thought if it is really a good way to enjoy my student life,

I should go.

 

I was not interested in it and didn’t want to search it.

So, I was thinking about going to Australia without any research.

I thought I could enjoy a lot there for climate and the beautiful sea.

 

I made a simple presentation to persuade my parents to go to Australia.

 

Before I continue my story, let me explain my family’s rule.

It is very unique and great.

 

If I want to start something special and ask my parents to help me pay for it,

Then I have to make a presentation to persuade my parents, especially my father.

 

At the time, it was really tough for me to make the presentation.

 

I had to explain why I want to start, why I want to do this now, why I want to go there, why my father should help me, and how I could grow up after I accomplish it…etc.

 

I had to explain everything and explain my goal and the exact way I was going reach it to my father.

(In the end, He always helps and encourages me to do what I want to, thank you!)

 

Back to my original topic.

I didn’t have any goals or a purpose at the time.

 

The reason why I want to go to Australia was…..

 

I just wanted to enjoy my life!!!

I just wanted to go there!!!

 

That’s all.

 

When I talked with my father, what he said took me by surprise.

What he said to me at the time changed my life a lot even if he has already forgotten what he said to me.

 

“The place where anyone can go whenever you want is bad!!!”

 

(I am sorry to everyone who lives in Australia or is going to visit there. For now, Australia is one of the countries I want to visit.)

 

I was totally in the wrong because I didn’t have something I want to do there and didn’t get any information about it, but I still got angry at my father because at that age, I was too sensitive to everything.

 

I didn’t understand why he refused to let me go.

My friends took a lot of vacations ( actually they were going to study)!!!

Especially I couldn’t understand the reason that he said to me when he refused.

 

My personality is that I don’t like to lose at anything,

So, I started looking for a country that my father would say “yes” to.

 

In my university, There were so many advertisements which suggested to students that they should go abroad.

 

America, New Zealand, Germany and Italy….

 

However, he thought it was easy for me to go to these countries and I could go there anytime.

 

Then, I found the advertisement!!!

 

“Let’s go to India together!”

 

This is it!!!

 

When I found it, I was sure that everything was going to be great.

 

When I asked my friends about the advertisement, nobody knew about it.

I didn’t know even the professor in the advertisement.

 

Even though I was in such a crazy situation,

I decided to go to India and was looking forward it.

I still remember that time when I sent an e-mail to the professor.

 

When I talked with my father, he just said

 

“ GO! ” without any presentation and explanation!

 

This was the beginning of my journey.

After that, I had a lot of opportunities to go abroad and experienced many things that I want to share to with everyone.

 

I think what my father wanted to tell me was

 

“I should try something I can do only now when I am a university student.”

 

And, I’m always thinking about it when I decide to do something important.

 

In Japan, we usually call our student life the summer vacation of our life.

So, if you try something in during the summer vacation, your summer vacation will be much better and more memorable.

 

This is the end of the story I want to share with everyone.

 

Thank you.

Ayaon