インドの主食は???

みなさん、こんにちは

Ayaonです。

 

前回は、ちょっと微妙な

インドの機内食についてシェアしました。

 

今回からは

基本的なインド料理について

紹介していきたいと思います。

 

まず、インド料理といえば

なにが思いつきますか?

 

カレーーー!!!

ナンーーーー!!!

 

でしょうか。

まあ、カレーは間違いないです。

ただ、カレーといっても

みなさんが想像する、日本で食べるようなカレーとは

かなりイメージが違います。

 

その話は、また次回するとして、

今回お話したいのは、

ナンについてです!!

 

実はナン

言うほど食べられていないんです!インドでは!

 

まず、私が最初に滞在していたのは

チェンナイというタミル・ナードゥ州です。

簡単にいうと、南インドです。

 

そこで私は、一度もナンを食べていません。

というか、見てません。

 

その代わりに、カレーと一緒によく食べるのが

チャパティ、と呼ばれるパンのようなクレープのような。

それがこちら。

f:id:Ayaon:20170130083456j:plain

 

なんかちょっと寂しいので、こっちも。

あの炊飯器のようなものの中に

たくさん入っているのがチャパティです

 

f:id:Ayaon:20170130083555j:plain

 

もともと、ナンは北インドで食べられていた高級料理です。

なにかのお祝い事や、イベントの際に食べていたそうです。

ナンは大きな釜戸で焼かれます。

そんな釜戸を持つこと、

なかなか難しいですよね。

 

もちろん、レストランにいけば

立派なナンが食べられますよ~!

チーズやガーリック…いくらでも食べられます!!!

それがこちら(北インド)。

f:id:Ayaon:20170130084004j:plain

 

それに比べて

南インドでは、基本的にナンを食べません。

チャパティです。

大きな釜戸を使うナンとは違い

チャパティは簡単にフライパンで

ひょひょっいっと作れます。

カレーにもよく合います。

 

結論、

ナンは北インド発祥で、今でも南インドではそれほど食べられてはいない。

北インドでも、普段から食べられるようなものではなかった。

が、今では食べようと思えばいつでも食べられる。

 

代わりにインド人がよく食べるのは

ナンではなく、チャパティ

理由は色々挙げられているが、

私がインド人に聞いたのは、簡単だから。

 

です。

みなさん知っていましたか?

 

チャパティは、本当においしくて

何枚でも食べられます!(^^)!

 

次回は、

インド料理の基本的な事をもう少し

お話したいと思います!

 

では。

 

Ayaon